健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造のフォルム

肩こりのこんな症状は要注意

肩こりのこんな症状は要注意


長時間の方の筋肉の緊張や過度の運動による一時的な肩こりなら、それほどの心配はない。

しかし、頑固な肩こりや体のだるさなどの全身症状がある場合は要注意です。



みぞおちや肋骨の下から背中、左肩に痛みがあったり、背中や肩甲骨の下が圧迫されるように痛いときは、胆嚢炎や胆石症の疑いがあるので、すぐに内科に行ったほうがいいです。

胸が締め付けられるような痛みが左肩や左腕まで伝わる場合は、狭心症や心筋梗塞などの危険性があります。



また、首をそらしたり回したりすると痛みが首や腕にまで走る場合は、頸部椎間板ヘルニアの可能性が。

肩こりだけではなく首の後ろから、背中にかけてコリがある場合は変形性頸椎症の可能性があります。


肩こりがいつまでも抜けない。

あるいは、肩以外の部分に広がっている場合は、早めに病院へ行ったほうがいい。
タグ:肩こり 症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。